第39回 開催レポート

明けましておめでとうございます!

今年も皆さんに愛される道場をつくっていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

では、2022年最初の道場のレポートです!

今回は8名のNinjaが参加してくれました!

久しぶりに初参加のNinjaがおりました。常連の子からの紹介のようです。

和気あいあいとしていて、学校の放課後みたいな雰囲気が出てきましたね。

では、Ninjaの様子から見ていきましょう。

Ninjaの様子

友達や兄弟同士で教え合ったり、作品を見せ合ったりして終始和やかな雰囲気でした。

6年生が多いので、Scratchの作品はどれも高度なものが多く、感心します!

ここに通い始めたときにはまだ初心者だった子が、いつの間にか手足のごとくScratchを使いこなしていて、素晴らしい作品を作るようになったことにも感激です。

発表

今回は1名の発表でした。

またまたリンゴのゲームを発表してくれたNinja。

ストーリー性もあり、ゲーム性もありの死角なしの作品。

自分でも結構負けるぐらいの難易度らしいのですが、すごいコード量で、圧巻の出来栄えです。

そして、このNinja。ついにプログラミングコンテストに参加を決めたそうです!

前から興味はあったみたいなのですが、満を持してという感じです!白河の道場からは初の出場者ですね。

他の参加者の作品や、テクニックに触れられるというのもコンテストの醍醐味ですので、成長できる良い機会ですね!

応援していきたいと思います!

気づき、反省など

  • やはりScratchが絶対的人気
  • 常連が増えてきて、それぞれやりたいことを黙々と取り組むことが多くなった
  • 音楽に興味があるNinjaがいる模様。教材を検討してみる
  • コンテストの紹介ができなかったので、次回以降は何かしら紹介できると良いな

メンターとして、NEXTしらかわの坂本さん、飯塚さんご協力ありがとうございました。

それでは、来月もまたよろしくお願いいたします!

次回は調整中です。追ってご連絡いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です