第31回開催レポート

CoderDojo白河 第31回開催レポートです!

広々とした会場で、感染対策はバッチリです。皆さんにもこまめな消毒等ご協力いただけて、安心して開催できました!

今回の参加人数

今回は、6組の参加で、内2組が初参加となりました。

兄弟参加が多く、機材の都合でキャンセル待ちが出てしまいました。スミマセン・・・

コロナもあり、しばらくは枠を増やせそうに無いので、絶対に参加したい!という方は早めに参加登録をお願いします。


寄贈のご紹介

まずは冒頭のご挨拶で、三春のチャンピオンから教本の寄贈について紹介させていただきました! 今アツい機械学習テキストです。楽しく活用させていただきます!

CoderDojo三春チャンピオンより寄贈

Ninjaたちの様子

まずは、初参加Ninja!

すでにかなりScratchを使いこなしているようで、自分で作った作品を色々見せてくれました。どれも個性的で面白い!

発表したかったようなのですが、ネットのトラブルでできず申し訳なかったです、、、次は是非期待しています!


続いて、2人目の初参加Ninja!

タブレットでScratchを使って遊んでました!やっぱりタブレットだと、低学年の子でも簡単に扱えて良いですね。

機材の扱いに慣れるというのも大きな勉強なので、どんどん使っていこう!


こちらは、2回目の参加となる兄弟Ninja!

今回はHack for playとHour of codeで遊んでました!色々な教材に次々とチャレンジしていくのはとても良いことです。

早く自分に合う教材に出会えるとよいですね!


こちらは常連Ninja!今回はmBotで遊び尽くしていました。

救急車を表現するのに、赤色のLEDを使ったら、実は海外のアプリなので救急車は青色のLEDという罠にハマりました(笑)

広い会場なので、自由自在にmBotを走り回らせられます!楽しめたようでGoodです。


常連の兄弟Ninjaは、Hack for playとScratchで遊んでました!

ネットの調子が悪く、志半ばだったのが申し訳なかったです。

Telloを持っているようなので、次回は持参して遊ぼう!


こちらの常連Ninjaは、自分の持ち込み教材で、最初から最後まで集中して作り込んでいました!

結構本格的なゲームを作っていて、驚きです!

超大作だったので、時間切れになってしまったようでした。

ファイル保存しておくので、次回もチャレンジしてみよう!


今回はネット接続に使っているポケットWiFiが速度制限になったようで、後半はネット環境が非常に悪くなってしまい、申し訳なかったです。。。

そのため、オフライン教材が大活躍!

Tello
mBot

こういうことも想定しておかなければならないですね。。。反省です!


良かった点

  • 会場が広く、mBot、Telloなど動く教材が楽しい。増やすことを検討したい。
  • ネットが不調なことで、待ち時間にNinjaたちがお互い話すなどの交流が見られた。プログラミングに関係ないけど、良い雰囲気になるのは歓迎。
  • 今回から席をこちらで決めたおかげで、席についてからのPC等の機材の移動が少なくて助かった。

反省点

  • ネットの不調を想定して、バックアッププランとしてオフライン教材も準備すると安心(会場にミニ四駆コースがあるので、何か活用できる面白い案があるとよいかも?)
  • Windows Updateなどで急激に重くなるPCがある。事前に設定を見直しておくと良い
  • キャンセル待ちが出てしまうことが増えてきた。続くようなら対策を考えていかなければならないかも

協力、協賛等のご紹介

今回もメンターとして地域おこし協力隊 飯塚さん、NPO法人NEXTしらかわ 坂本さんにご協力いただきました、ありがとうございました!

NPO法人 わくわく 様に無償で会場を提供いただいております。ありがとうございます!

また、今回は「ひとつ、ひとつ、実現する ふくしま」の応援隊としての活動とさせていただきました。

福島県に後日活動レポートを出させていただきたいと思います。掲載等されましたら、追って報告させていただきます!

https://jitsugensuru-fukushima.jp


次回は6月12日開催です!

暑くなってくるので、体調管理に気をつけて楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です